プロバイダー 料金 比較

各プロバイダーの利用料金

プロバイダー料金

インターネット回線を申込む場合、必ず必要になるのが
プロバイダーとの契約です。

 

このページに各プロバイダーの利用料金を
一覧にしてみましたのでチェックしてみましょう!

 

ちなみにauのインターネット回線の場合は

  • @nifty
  • @TCOM
  • ASAHIネット
  • auonenet
  • BIGLOBE
  • DTI
  • So-net

上記の7プロバイダーしか選べません。
しかもauのインターネット回線利用料金に
込みとなっていますので関係ありません。

フレッツ光 東日本エリア

OCN ファミリータイプ  6,720円   マンションタイプ  3,990円
Yahoo!BB ファミリータイプ  6,720円   マンションタイプ  3,889円
BIGLOBE

ファミリータイプ  6,720円   マンションタイプ  3,937円   

SO-NET

ファミリータイプ  6,720円   マンションタイプ  3,937円

@nifty

ファミリータイプ  6,720円   マンションタイプ  3,990円

ASAHIネット

ファミリータイプ  6,279円   マンションタイプ  3,570円

ぷらら

ファミリータイプ  6,510円   マンションタイプ  3,832円

DTI

ファミリータイプ  6,458円   マンションタイプ  3,706円

GMOとくとくBB

ファミリータイプ  6,258円   マンションタイプ  3,548円

 

フレッツ光 西日本エリア

OCN ファミリータイプ  6,478円   マンションタイプ  3,990円
Yahoo!BB ファミリータイプ  6,478円   マンションタイプ  4,084円
BIGLOBE

ファミリータイプ  6,478円   マンションタイプ  3,980円   

SO-NET

ファミリータイプ  6,478円   マンションタイプ  4,032円

@nifty

ファミリータイプ  6,478円   マンションタイプ  4,084円

ASAHIネット

ファミリータイプ  6,037円   マンションタイプ  3,665円

ぷらら

ファミリータイプ  6,268円   マンションタイプ  3,927円

DTI

ファミリータイプ  6,216円   マンションタイプ  3,801円

GMOとくとくBB

ファミリータイプ  6,016円   マンションタイプ  3,643円

 

上記の表を見比べてみていかがでしょうか?
それほどプロバイダー毎に料金は大差がないことに
お気づきになられたと思います。

 

Work Desk

 

すでにプロバイダー各社の”価格競争”はひと段落し、
現在は価格よりもサービス内容での差別化
進められている状況です。

 

 

プロバイダーを選ぶ際は、利用料金の安さで検討するのではなく
アフターフォローを含めた対応の良いプロバイダーを選ぶ方が
後々のトラブルにも対処しやすかったり、安心してインターネットを
楽しむことができるので、おすすめです。

 

 

インターネット回線を申込む前にしっかりと
各プロバイダーのサービスや特徴は知っておきましょう。


アフターフォローの良いプロバイダーは?

やっぱりお得なフレッツ光

光のメリット

トップページへ