インターネット回線 起動 遅い

パソコンの起動が遅い時の4つのポイント

いざパソコンを使おうと電源を入れたとき、やたらと起動に
時間がかかってしまうことはありませんか?もしパソコンの
起動が遅いと感じた時はこの4つのポイントを見直してください!

 

  • パソコンのスペック
  • デスクトップのアイコン
  • ハードディスクの状態
  • ウィルス感染

 

パソコンの起動が遅くなる原因として比較的多いのが
以上の4つです。これらの原因を確定し、それに適した
処置を行うことでパソコンの起動は再びスムースになります。

 

パソコンのスペック

あなたが今使っているパソコンのスペックはいかがですか?
購入して2〜3年も経過すると既にそのPCのスペックは
一般的に低いとされています。

 

パソコンの進化は日々凄まじく、ついこの前最新と
言われて売っていたパソコンも、2〜3年も過ぎれば
古いパソコン扱いになってしまいます・・・。

 

もはやWindows7や8はパソコンの中でも古株扱い、
ましてやXPやVistaに至っては化石扱いです(汗)

 

OSが古い場合はパソコンの起動も遅くなり、快適な
作業を行うことができなくなります。思い切ってPCを
買い換えてみると良いでしょう。

 

でもまだ使える!やっと使い方に慣れてきたのに!って
時に新しく買い換えるのも嫌ですよね?管理人も同じ
考え方です。

 

そのような場合はメモリー増設を検討してみましょう!
今のパソコンにメモリーを追加して処理能力を高めて
起動を早くしてしまう方法です。

 

機械いじりが得意な人は自分でもメモリー増設が
できると思いますが、管理人のように苦手な人は
パソコン修理のお店や量販店、もしくはメーカーに
依頼すると良いでしょう。

 

増設するメモリーの容量によって費用も変わりますが、
平均して5,000円〜10,000円程でできるので新品を
買うことを思えば安上がりです。

 

デスクトップのアイコン

デスクトップの画面上にアイコンなどのデータが必要以上に
散らかっていませんか?よく使用するアイコンは画面上に
保存すると便利ですが、その数が増えすぎると起動の妨げ
なってしまうため注意が必要です。

 

画面上に保存しているアイコンは以外に重たい上に
PCを起動する度にその中の機能やデータを使える
状態に立ち上げています。

 

そのためアイコンが画面上に多いとパソコンの起動が
遅くなってしまうので、あまり使うことのない不要なものは
画面上から削減しておきましょう!

 

ハードディスクの状態

ハードディスクとはパソコンを使っている時に一番
働いているパーツで、使えば使うほど痛みますし
寿命もあるPCにとって命の部分です。

 

パソコンの故障の大部分がハードディスクによるもので、
起動が遅い場合や動作がおかしい時は必ず確認して
みる必要があります。

 

しかもハードディスクには寿命もあり、使い方や環境などにも
左右されますが約5〜6年程でハードディスクは寿命を迎えます。

 

ここも交換可能ではあるものの、他の修理よりも費用が
高額になることが多いので、ハードディスクに異常がある場合は
パソコンの買い替えをおすすめします。

 

ウィルス感染

全てのパソコンに共通したリスクでウィルス感染があります。
ウィルスに感染すると様々な機能が不具合に陥りますが、
電源を入れた瞬間にウィルスも一緒に活動するためPCの
起動が遅くなる原因になります。

 

基本的にウィルス感染は予防が大切なので、パソコンを
購入したら必ずセキュリティソフトは購入しておきましょう。
それでも感染してしまった場合はパソコンを初期化するなどの
対処が必要となります。

 

 

以上のような原因の他にも細かいものではPCの熱が排熱
できない、アプリケーションの不具合など様々な要因がありますが、
基本的には紹介した内容による問題が大部分です。

 

 

パソコンは機械ですが生き物と考えてあげるとよいでしょう。
ウィルス感染による病気もあれば怪我もあり、そして必ず
寿命も存在します。

 

 

パソコンの起動が遅い場合はその兆候でもあるので
気をつけてあげると長く愛用できるでしょう。


インターネット回線ランキングTOP